イマークS100人の口コミと効果お試しの最安値

中性脂肪を下げる食事方法

 

 

健康診断で、血中の中性脂肪値が高いという結果が出てショック・・・。お医者さんからは「食事に気をつけなさい」と言われたのだけれど、具体的にどんな食事を取ればいいかわからない!そこで、中性脂肪を下げる食事法をご紹介いたします。

 

 

中性脂肪を下げる食べ方

 

中性脂肪を下げ、太らないように食べるためには、以下の3つを守ることです。

 

・よく噛んで、ゆっくりと食べる
早食いは肥満の原因です。よく噛むことで満腹中枢が刺激されます。1口約30回噛みましょう。

 

・毎日同じ時間に食べる
食事の時間が不規則だと、脳が、いつ食事を取れるか分からないため、毎回の食事から過剰にエネルギーを摂取する指令を出してしまいます。結果としてたくさん食べていなくても食べすぎと同じことになってしまいます。

 

・腹八分目を守る
食べすぎは消化不良につながります。お腹一杯になるまで食べずに、適度な量を守りましょう。

 

 

 

中性脂肪を下げる食べ物

 

・青魚
サバやイワシ、サンマなどの青魚は、中性脂肪を下げるDHAとEPAが多く含まれています。肉の量を減らし、青魚をメインにした献立を増やすなどして工夫しましょう。

 

・きのこ類
しいたけとマッシュルームに含まれるエリタデニンという物質が、中性脂肪を下げる働きをするといわれています。特にしいたけには多く含まれています。例えば、マッシュルームを炒めたものを肉の付け合せにしたり、野菜の炒め物をするときにしいたけを一緒に加えるなどするのがよいでしょう。

 

・海藻類
ワカメに含まれるアルギン酸は、中性脂肪を下げる働きをしてくれます。毎日飲む味噌汁やスープなどに必ずワカメを加えるようにするとよいでしょう。

 

・野菜類
肉中心の食事はやめて、野菜を多く取るようにしましょう。肉を少なくして野菜を多くし、一緒に炒めたり煮たりして食事のカサを増せば、食事代の節約にもなります。

 

 

 

やってはいけない食事法

 

・暴飲暴食
これは絶対にやめましょう。中性脂肪値だけではなく、肥満や生活習慣病など、あらゆる病気の原因になります。

 

・間食の取りすぎ
食事の間に、甘い物を食べすぎるのはやめましょう。また、夜中に小腹が空いた時に、夜食やお菓子を食べたりするのもよくありません。早寝早起きを心がけ、規則正しい食習慣を身に付けましょう。

 

・アルコールの取りすぎ
お酒をたくさん飲む人は、中性脂肪が高くなりがちです。お酒は適度な量を心がけ、週に一度は休肝日を作るようにしましょう。また、お酒を飲むときのおつまみの取り