イマークS100人の口コミと効果お試しの最安値

中性脂肪が高い食事とは?

 

健康診断で中性脂肪が高いと診断されて、お悩みのかたは多いことでしょう。「お医者さんから食事に気をつけるようにと注意されても、今まで特に暴飲暴食をしていたわけではないので何を気をつければいいのかわからない」。そんなかたに、中性脂肪が高く摂取しないほうがいい食品をご紹介します。

 

 

 

動物性脂肪、高コレステロール

 

肉類が大好きなかたは要注意。揚げ物も中性脂肪が高くなる原因の一つです。油を使って調理するときには、動物性の脂肪であるラードやバターではなく、植物性油脂を使うようにしましょう。

 

・コロッケ、天ぷら、唐揚げなどの揚げ物

 

・ロースやサーロイン、霜降りなどの脂身の多い肉類

 

・ベーコン、サラミなどの加工肉

 

・まぐろのトロなど、脂身の多い魚

 

・生クリーム、チーズなどの乳製品

 

・チョコレート、アイスクリーム

 

・バター

 

また、高コレステロール食品も中性脂肪血症から高脂血症の原因になります。とくに鶏卵はコレステロールが非常に高い食品です。玉子1個に約235mgものコレステロールが含まれています。玉子は1日1/2個までにしましょう。

 

・鶏卵、マヨネーズ

 

・レバー

 

・たらこ、ししゃも、しらす

 

・うなぎの蒲焼

 

・うに

 

 

 

 

 

お菓子類、糖類、飲み物

 

甘い物の中でも特に洋菓子は、鶏卵や生クリームなどを使っているため摂取すると中性脂肪が高くなってしまいます。

 

・ケーキ、カステラ、シュークリーム、プリン、わっふるなどの洋菓子

 

・おしるこ、大福、餡饅、最中などの和菓子

 

・バナナ、ぶどうなどの、ブドウ糖が多い果物

 

・ハチミツ

 

・甘味料の入ったジュース、炭酸飲料水

 

・アルコール類

 

・白パン、白米、麺類などの精製されたたんぱく質

 

 

 

 

食事の時に気をつけること

 

・肉類を減らし、魚や豆腐、野菜を中心にしたメニューに変えましょう。肉は脂身を食べないようにし、料理方法も脂が落ちやすい網焼きや、しゃぶしゃぶなどにしましょう。

 

・調味料をかけすぎないようにし、サラダを食べる時はマヨネーズではなくノンオイルのドレッシングに切り替えましょう。

 

・お菓子類は食べないようにしましょう、どうしても食べたいときには、洋菓子よりも和菓子を選びましょう。

 

・アルコール類は取りすぎないようにしましょう。甘いジュースや炭酸飲料水を飲む習慣は改めましょう。

 

・白米の取りすぎに注意し、玄米などに切り替えましょう。

 

・果物はビタミンや栄養が豊富なので食べてもいいですが、夜ではなく朝食べるようにしましょう。